所属したい研究室がある場合、〇〇を持つこと!

Sponsored Link


こんにちは!

さて、大学に近々入学する皆さんの中には

「〇〇ゼミに入りたい!」

と所属したい研究室について既に考えている方が多くいらっしゃると思います。

残念ながら、第一希望の研究室に必ず入れるという保証はありません。


ただし!

入る確率を上げる方法
はあります!

なので落胆はしないでくださいね♪

はい!ということで今日は、
第一希望の研究室に入りやすくする方法についてアドバイスしていきます!

大学1年のうちから研究室に通え!

第一希望の研究室に入りたい人がすべきコト、それは

大学1年のうちからその研究室に通う事です!


「緊張する…」

大丈夫!
僕も緊張しましたが、ちゃんと通えた上に所属も出来ましたから!
と、こう書きながら「あれ?どういう経緯で通い始めたんだったかな?」
と思い出しています(笑)

確か…サークルの先輩繋がりか、自ら扉をノックしに行ったかだった気はするんですが、
動物を飼っている研究室だったので、始めはその動物を見に行っていた気がします。

そのうち夜もよく遊びに行くようになって、トランプしたりご飯食べたり色々しましたね(笑)

こうして、はじめに先輩方と交流します。


そう、


所属したい研究室がある場合、その研究室とのコネクションを持つことが肝心になるのです。

先輩方と打ち解けたら次は先生とのコネクションです。
最も重要ですね!


僕が研究室に通うようになってから先輩に「先生と話をしてみるといい」と勧められました。
先生は、先生専用の研究室にいつもいましたが、僕は緊張してノックがし辛かったです(笑)
話せば何ともない人なのですが、話したことのなかった僕には先生のオーラが…


とりあえず先生の所に足を運びました。

が、

話題(質問)が全く思い浮かばなかったのです…
先生の部屋の前でウロウロでしていると、先輩達のいる研究室から4年生の先輩が出てきました。

先輩:「何しとんや?」

 僕:「先生とお話がしたいんですが…」

先輩:「ノックして入りゃええやん」

 僕:「いや…何を聞こうかなと思って…」

先輩:「何しに来たん??」

先輩の真顔の口元が、疑問で斜めに歪んでいました。
18歳の僕は何をしていたんだか…

あの時の状況を思い出すと、一人でもなんか笑えてしまいます(笑)

でもこの後、質問したいことが頭に浮かんだのでノックすることが出来ました!
お話も出来、結果オーライです!

研究室に通う事は効果的ですよ♪

研究室の活動の参加は積極的に!

僕は積極的にはしていませんでしたが、研究室の活動に参加すると更に研究室に
所属できる可能性が高くなります。

研究室内の力仕事をはじめ、先輩の研究の手伝い、研究室主催のイベントの手伝い等々…

聞けば何かしら手伝わせてくれるはずですし、足しげく通っているのなら先生や先輩から
声を掛けて来るかもしれません。

今振り返ってみると、1年生の頃から研究室によく通っていた、
あるいは通って更には研究室の活動にも参加していた人達は、
みんな後に同じ研究室に所属していた気がします。

コネクションというものが如何に大切かということを再認識させてくれますね。

まとめ

以上、第一希望の研究室に入りやすくする方法についてのアドバイスでした!

重ねて言いますが、

研究室とのコネクションを持つことが肝心ですよ!
それも1年生という早い段階で!

というか、コネクションのためだけに通うだけでなく、
純粋に楽しむためにも通いましょう♪

今日も最後までお読みいただき誠に有り難うございました!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする