その部屋でいいの?北海道外でのアパート・マンションの選び方

Sponsored Link


今は寒い冬…
でも暖かい春がもうすぐやってきますね!

 

特に北海道育ちで道外の大学に進学するであろう学生の皆さんには更に暖かい春が待っています。北海道よりも暖かい春、そして春から夏…

道外の環境を知らない学生の皆さんは、これまでに経験したことのない夏の暑さと湿気に苦戦するでしょう。

生活をする上でも勉強をする上でも快適な環境は欠かせません。そこでまず、どの様な条件のアパート・マンションを選ぶかというのが肝心です。

 

ということで、今日は部屋選びについてアドバイスさせて頂きます!

快適なアパート・マンション選びの条件

大学院生の頃、僕は愛知県に住んでいました。

まず、道外で物件を選ぶ条件を僕の経験をもとに書かせていただくと、

 

・低家賃

・エアコン付き

・洗濯機設置可

 

以上3つとなります。
「エアコン付き」以外はどこに引っ越しても同じかと思いますが、ひとつずつ僕なりに解説させて頂きます。

 

【低家賃】

家賃に関しては人それぞれかと思いますが、僕の場合は学費も家賃も自分で払っていたので、高い物件を選ぶことが出来ませんでした。僕の他にも自分で払っている学生は沢山いました。

「親に出してもらうから大丈夫!」

という方も、ご両親のためにあまり贅沢な物件選びは考えないようにしてくださいね(笑)


エアコン付き】

暑さはともかく湿気です!

道外で生活する上でエアコンは物件選びで欠かせない条件と僕は実感しており、北海道の感覚で生活しようとすれば大変な目に遭ってしまいます。

北海道では、夏場に窓を開けていれば涼しい風が吹き込んできますが、道外の夏だと窓を開けたところでそれほど快適にはなりません。

一時期、扇風機の風が顔に当たるようにしてエアコン無しで頑張っていましたが、朝起きた時の顔の汗のベタベタ感が気持ち悪かったです。その他にも勉強に集中できない、洗濯物で部屋の湿度が上がるなど生活する上で大変でしたね…

結果、エアコンに切り替えました!

エアコンを回すのも除湿モードですることをお勧めします。
除湿モードで回すことメリットは以下3点です。

 

・快適に寝られる

・快適に勉強できる

・夜に洗濯物を干すときに湿気に悩まされない。

 

湿気があるのと無いのとでは生活のしやすさが全然違ってきます。

なので、エアコン付きの物件を是非ご検討ください!

 

【洗濯機設置可】

最後に洗濯機ですが、洗濯機は自前のものがあった方がいいです。

洗濯機を購入するという初期費用と、大学生活4年間でつかうコインランドリーの使用量を比較すると、圧倒的に洗濯機を購入する方が安上りです。

洗濯機の購入費を30,000円としましょう(実際はもっと安く買えますが)。

一方、単純な計算ですが、コインランドリーが200円で3日に一度洗う計算でも4年間で96,000もかかります。しかも好きな時間に使えるわけではないので色々と面倒です。これを考えると自前の洗濯機がいかに重要かというのが分かるかと思います。特に自分のスケジュール通り動きたい人にとっては必須なのではないでしょうか?

 

あと経済的理由以外にも、僕自身、精神的な理由というものがあります。

僕は出費を抑えるために洗濯機置き場の無い物件を選んでしまいました。特別に小型の洗濯機を部屋に置かせてもらって(使いにくかった…)生活していましたが、それには理由がありました。それは…

・アパートの共同洗濯機が汚い

・アパート外のコインランドリーが遠い+汚い

です!

正直なところ、アパートの洗濯機はお世辞にも掃除をしているとは思えず、僕自身掃除をしようかと思ったほどでした。結果、一度も使わず、掃除もせずに自前の洗濯機だけで生活しましたが。

誰がどんな風に使っているか分からない様な洗濯機で僕は洗濯したくはありませんでしたし、僕は潔癖なので尚更です(笑)

ちなみに、洗濯機置き場の無い物件で自前の洗濯機を回すと、他の部屋からのクレームに発展する可能性があるため、くれぐれも洗濯機置き場のある物件を選びましょう!

まとめ

以上、道外で快適なアパート・マンション生活をする上で僕が欠かせないと考えた条件を紹介しました!

・低家賃(ご両親に負担してもらう場合でも贅沢をしないように)

・エアコン付き(道外に引っ越す際は考慮すべき!)

・洗濯機設置可(コインランドリーより結果的に安上り、時間の束縛がない)

以上、3つの条件を踏まえてこれからの物件探しをしてみて下さいね♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする